2007年09月26日

隣のおばさん

私は今の家に、去年の12月に引っ越して来たばかりだが、
隣に住んでるおばさんがちょっとやっかいな人で、
私が引っ越してきたその日に、

不動産屋さんの悪口を私に言いまくり、
私がこれから住む部屋は泥棒が入った部屋で運が悪いとか、
204号室に住んでる女は刑務所帰りだとか、
終いには
「部屋を決める前にタオルの一枚ももってお隣さんにこのアパートどうですか、って聞きに来なきゃ。そしたら私は絶対にこの部屋は勧めなかった。」とまで言われ、
引っ越し早々暗ーい気持ちになった。

でも、おばさんは会うと笑顔で挨拶してきたり、どっかに行ったお土産をくれたりする。

こういう人って敵に回すと怖いし、仲良くなりすぎても怖いし、程良い距離を保って暮らしてきた。

ところが私が島根のお土産を渡した時から、おばさんがえらく親しげに話しかけてくるようになり、この前はついにうちに上がられてしまった。
止められなかった。

いつものように病気の話、悪口、うわさ話、延々と続く。
そんな中、おばさんが
「4,5日前に庭先で大きな声で「訴えてやる」って声が何度も聞こえて、あたし怖くって部屋でじっと丸まって身を隠してたの。そしたら、その声がした後に204号室が帰って来たから、その人が騒いだのか?、、、あなた知らない?」
と聞かれ、
「いやー、知らないです。怖いですねえ」
なんて話していた。

そして翌日、東京デスロックの稽古。
稽古前に家で自主練している。
相手役のセリフを録音したテープを流し、自分のセリフを大っきい声でしゃべっていた。
今回、テンションが高い役だ。
自然と声も大きくなる。
結構マックスの所、思いっきり「訴えてやる!」と言ってみてびっくり。

私だー。
セリフの稽古だよー。






posted by ミス・ナガイ at 10:03| 東京 ☁| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

劇場の下見

今日は美容院に行ってきた。
前回からお気に入りの美容院になった。
前回はシャンプーしてもらうとき、ガシガシやられてすごく痛かったから、今日は「シャンプーして来ました」と言って断った。
だから安心。

美容師の古川さんの旦那さんが俳優をやっているのは前回から知っていたけど、今日話の流れで古川さんの旦那さんの舞台を私観たことあった!
すごい偶然。

帰り、原宿に寄り次デスロックで使うリトルモア地下という場所を見て来た。
リトルモア地下と言うから、穴蔵みたいな薄暗いイメージがあったけど、すっごくすっきりしたシンプルなアトリエだった。

へえー、ここでやるんだ。

ここでリアルな芝居したら本当面白そうだ。
芝居と客席の境界線なんてないんじゃないか。

お客さんに透明人間になったような感覚をもってもらえたらいいな。

この間、稽古前に時間があったので東大駒場前のマックに入ったら、日曜日だというのに高校生だらけで、肩身が狭かった。でも、面白かった。
チャラチャラした高校生見るの面白い。
でもあんまり見てて、絡まれたら怖いからバレないようにしたけど、でも結構目が釘付けだった。

そんな風に、人の日常をこっそり、でも不躾に見るような感じを「社会」(次私が出演するデスロックの作品)で体験してもらえたらなと思う。




posted by ミス・ナガイ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

帰りの電車で

今日は東京デスロックの稽古。

帰りの井の頭線で寺十吾さんにばったり会う。
寺十さんは10/4から吉祥寺シアターでやる「ヘル」の稽古中だ。

私はハイバイ劇団員だけど、今年と来年の2年間は横浜未来演劇人シアターのメンバーにもなっていて、寺十さんにはそこでとてもお世話になっている。
ハイバイの公演も何回か観に来ていただいている。

私にとってみれば、師匠が二人いるような感じで、岩井さんに追いつめられてる時は寺十さんだったらこの状況をどう見るんだろう、逆に寺十さんに追いつめられてる時は岩井さんだったらどう見てくれるんだろう、、、と思う事が心のバランスを保つ事にも繋がっている様な気がする。

横浜関連で会うときの寺十さんはめちゃめちゃ怖くて、たまたま二人っきりになった時とかは何も言葉が見つからないくらい緊張するけど、今日偶然電車で会った寺十さんはすっごく柔らかくて、話しやすかった。
寺十さんはオフだった!

怖い人は 多い方が いいんだよ
自分も早く 怖くなりたい

また明日から頑張ります

東京デスロック、口語演劇版(今回3本立てだよ)、勝つぞー!










posted by ミス・ナガイ at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

真剣な話

今更で恥ずかしいけど、尾崎豊にはまり、ネットで調べたら、「尾崎辞典」ってページから尾崎豊関連の動画が見れる広場(?)に行けた。

そこでものすごい恐ろしいものを見てしまった。

NHKのど自慢で「17歳の地図」を狂ったように歌ってる高校生なんだけど、本当に狂ってるとしか思えないくらいメチャクチャになっちゃってて、つくづく自分の身体が見えてないって事の怖さを知った。
私は動画でしか見てないから前後は分からないけど、お客さんの凍りつきっぷりは簡単に想像できるし、後ろで手拍子を送っている共演者だって手拍子を続けるのが精一杯だったと思うし(手拍子を続けるしかなかったんだろう)、まずこれは公共の電波で放送しちゃいけないだろうって思った。
そのくらい嫌悪感で一杯になる代物だった。
生放送恐るべし
NHKやってくれるぜ(オーディションを通したのはNHKだからね)


またそれが尾崎関連で調べただけで簡単に見れちゃう今の時代にも怖さを感じた。
よくある勘違いの若気の至りだと思うんだ。
でもそれが一生の恥になって残っちゃう
もしかしたら本人はネットに上がってるなんて知らないかもしれない(知らない方が幸せ)

精一杯やってさらけ出した先が、人の心に届くものと届かないものと。
表現ってなんだろう。
この大きな分かれ道ってなんだろう。

他人事じゃないからね!

他人事じゃないから嫌悪感で一杯になったんだろう
だからって決して安全圏で身を守ってはいけない
しかし、危険な自分もちゃんと見えてないといけない

俯瞰できるかどうか
これが分かれ道か

素晴らしい表現者はコントロールできているぞ

そして自分をないがしろにする面白さに客観的なんだんだろう

自分を突き放せ
そして見届けろ

生き残るにはそれしかない
そしてそれを頭だけじゃなく身体に持つこと


posted by ミス・ナガイ at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

「初」って大切だ

今日は東京デスロック初めての立ち稽古。
台本もらってから5日間あった。
こんだけ時間もらえると、台本をゆっくり読めるから嬉しいな。

なんて思ってたけど、セリフ入れたつもりがいざ立ってみたら、ものすごいテンパって、
今日の立ち稽古はめちゃくちゃだった。

今更だけど、テンパるのも想定して、走ったりとか、料理したりとかでもセリフ言えるような訓練をした方が良いのかも。(あくまでも、初立ち稽古用の訓練だけど。でも初めての立ち稽古は、すっごく重要な第一歩。どんな一歩を持ってきたか、演出家に見せる初めてのものだから)

噂だけど、文学座とか新劇の役者さんは、初めての立ち稽古から一言一句正確にセリフを言うらしい。

上手くなりたい。



posted by ミス・ナガイ at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

ちょっと休憩中に久々のブログ

もう9月。
急に涼しい。

ポンポン兄弟舟の打ち上げで買い込んだ食料で使わなかった味付け肉がうちに冷凍してあったので、解凍して一部を炒めたんだけど、味付きの肉って、すっごいはねる。
手も熱くて痛かったし、ガステーブルも、周りの食器も油が飛んで飛んですごかったので、急いでフライパンに蓋をして防御した。
そしたら肉がちょっと焦げた。

だから、残りの味付け肉は、沢山のタマネギと一緒に煮込んでやった。
そしたら被害はなかった。

味付け肉の調理法には要注意だ。

あと、お掃除のこわざ。
ガステーブルは、火を使って熱いうちに布巾でふくと、油汚れもきれーいに落ちるよ。


posted by ミス・ナガイ at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。